«

»

2月 01

1970・1971年ヤマハJT1/JT60(FT1)ミニトレ!小物等の手直し編!(その5)

連日ブログを任されている

 

スタッフのです!!

 

数日ですが、

こうやってブログを書かして頂いていますが、

毎日毎日

色々なネタを考えたりと

毎回大変な事だな~っと

思い始めた…ハァ━(-д-;)━ァ…
早過ぎるだろ!)

そんな、今日この頃

そんな本日も、

 

ブログの更新は待ってくれませんΣ( ̄ロ ̄lll)

 

朝からそんな事を考えていたら、

気が付けばお昼に!

今日は弁当が無かったので、

昼飯を買いに行き、帰ってくるとそこには……

巨大ダンボール

巨大ダンボール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口に

 

巨大ダンボール箱が5個

 
(ブログランキングUPにご協力ください)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

気になりながらも、

取り合えず、昼飯を食べてから、

店長に聞いてみる事に!

 

すると……店長が一言……

 

社員旅行、行くのに

 

一人一人入る為や!」(笑)っと

 

そんなわけないじゃないですか~!!Σ( ̄ロ ̄lll)

そういうやり取りをしていると、社長が

車(コルベット)のボンネット

発送する為の箱やと教えてくれました!

 

 

そして閉店後に、

 

どうしようもない事を、

考えてしまいました・・・・・

 

 

人が箱に入り、宅急便で

人身発送できるのか、調べてみると……

 

実際やった人がいるらしいのです!!

 

正確には、一昔前には、可能だったらしいのです!

近年は、やはり不可能に近いらしいのですが、

宅配便の人が気が付かなければ、

送れると!ネットに出て来ました(゜ロ゜)ギョェ

 

まぁ、ダンボールの中に、食料と水があれば、

日本国内なら1日ぐらいで

何処でもいけるのか……

 

いや!絶えれないでしょ!!..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!!

 

1日箱の中なんて、

考えただけで僕には無理です……(笑)

 

中々人を送る人

いてない筈ですが、

 

某大手運送会社の方の、ブログでは、

犬、猫、金魚、うなぎ、ヒヨコ、鯉、カブトムシ、スズムシ、

カナリア、伝書鳩、等の動物は

普通あるらしいのです!

 

しかも、

の発送は凄いみたいです・・・

荷物が一人で動くらしいのです!!

そりゃ~誰だって、

後部席で箱がガサゴソ

動きゃビックリして、しまいますよねぇ~

まぁ皆さんも、

人を送る事は全然オススメしませんよぉ~!(^―^)

 

 

 

さて、本題です 。

1970・1971年ヤマハJT1レストア(その5)

(過去記事※1970・1971年ヤマハJT1/JT60(FT1)ミニトレ!レストア始動!(その1))
(過去記事※1970・1971年ヤマハJT1/JT60(FT1)ミニトレ!レストア始動!(その2)
(過去記事※1970・1971年ヤマハJT1/JT60(FT1)ミニトレ!解体編!(その3))
(過去記事※1970・1971年ヤマハJT1/JT60(FT1)ミニトレ!ハーネス等の手直し編!(その4))

 

今回は

小物等の手直のご紹介です!

まずはその3で御紹介致しました、

ブラスト処理済みシートべースですが、

JT-1 シートベース 錆による穴あき

JT-1 シートベース 錆による穴あき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像の様に、錆により爪の部分が

朽ち果てています。

JT1 シートベース 当て板補修

JT1 シートベース 当て板補修

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様な、爪が付いている当て板を

溶接により貼り付けます。

JT1 シートベース 当て板仮付け

JT1 シートベース 当て板仮付け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様に必要な長さを切り、

ある程度仮合わせしてから、数点仮に溶接し、

角度等間違えが無いか、最終確認し、

溶接していきます。

JT1 シートベース 当て板溶接後

JT1 シートベース 当て板溶接後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の方法で、再生する事もできますが、

(今回は裏から点で数ヶ所溶接する事にしました)

 

後は溶接した面や、当て板の出っ張りを

ベルトサンダー等で、綺麗にならせば終わりです!

 

次に、アルミ部品のバフ当てを御紹介!!

JT1 ハブ等アルミパーツ バフ前

JT1 ハブ等アルミパーツ バフ前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部、ホイールハブにペーパーをを当ててしまっている写真ですが、
(上の右の丸の部品1個ペーパー済み)

他は外した状態です。

これらの部品を1個ずつ、

紙やすりでキズや・腐食を消していきます!

JT1 ハブ バフ当て 前作業

JT1 ハブ バフ当て 前作業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店なので、エアーツールという名の

文明の利器に

頼っていますが、

時間をかければ、手でも綺麗にできますし、

機械が入らない部分は手作業で処理していきます!

バフ/ポリッシュ方法(研磨/磨き作業)としては、アルミの表面に

クリア塗装が塗られている場合は、塗装を落とす、必要があります!

400番手位の紙やすり(耐水ペーパー)で、

表面が綺麗になるまで、ひたすらシコシコ

削るだけです。この時に同じ所ばかりでは無く、

全体的に均等に削ってやるのが、綺麗になる秘訣です!

400番が終われば、次は大体ですが、倍の800番手ぐらいで

400番手の傷が消えるまで、同じ事を繰り返します!

大体2000番手ぐらいまでやれば、

後は、メタルコンパウンドや、青棒という

金属磨き剤で磨きあげれば完成です!

バフを当てる物の下地次第では、

1200番手ぐらいから始めたりもしますよ!

ただこの作業は、自分との戦いです!(笑)

JT1 ハブ バフ当て ペーパー後の比較

JT1 ハブ バフ当て ペーパー後の比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハブの中心部分は、研磨機での作業が困難な為、

サンドブラストの処理、ガラスビーズで仕上げています!

全ての部品にペーパーを当てたら、

当店は研磨機(ポリッシュ用機材)があるので、

後は、ひたすら、磨き当てるだけ!!うふ♪(* ̄ω ̄)v

JT1 アルミ部品のペーパー後

JT1 アルミ部品のペーパー後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はここまでにします!!

また、次回も御願い致します!!

(ブログランキングUPにご協力ください)

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村